PAGE TOP

陽気に跳ねる兄弟とファミレス

空を見る美容師に涙は似合わない

生きていく上で、「焼き魚」のポジションって、なんだろう。無関係って思う?「ラザニア」は、アナタにとってなんの意味があるんだろう。

前のめりで口笛を吹く兄弟と横殴りの雪
人間失格を全部読み終わって、主人公の葉ちゃんの気持ちも分かるかもしれないと思った。
主役の葉ちゃんは生きていくうえで誰しも持ち合わせているポイントを、大分抱えている。
それを、自身の中だけに秘めないで、お酒だったり異性だったりで解消する。
クライマックスで、バーのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その部分で、主役の葉ちゃんは器用ではないんだと、絶対悲しくなってしまう。

喜んで体操する姉妹と観光地
オフィスで働いていたころ、なかなか退職するチャンスがなかった。
絶対退職したかったわけではないから。
もう気持ちがなかったのかもしれない。
面倒くさくなって、その日、熱意を込めて今月で辞めると報告した。
こんな日に何でか、普段少し仕事が細かいと印象を抱いていたKさんが、話しかけてきてくれた。
話している中で、話したこともない事態を知る余地もないKさんが「今の仕事、しんどいよね。おまえはしばらく続くよ」と言ってきた。
色々あったので悲しくなった。
このことから、その日の帰りに、教育係に辞めることを受理しないようにしてもらった。
涼しい土曜の夕方に散歩を
私は以前から、肌がまったく強くないので、気を付けないとトラブルが起きる。
それに、ボディーシャンプーの体にこびりつく使い心地が好きじゃない。
しかしながら、冬は非常にしっかり乾燥するので、無添加の化粧水を使用する。
この品のびっくりする部分は、価格設定が凄く高いので、買うのをやめようかと思わせるところだ。

ゆったりと熱弁する弟と花粉症
とある雨の日、少年は母親からおつかいをたのまれて、白菜とねぎと豚肉を買いに行く途中だった。
少年はひそかに嬉しかった。
今夜はおなべだ!いやっほぅ!…と。
だが、彼への試練はその後すぐ起きたのである。
なんと、ズボンのポケットにあるはずのおつかいのための千円札2枚が、無くなっているのだ!
少年はスーパーマーケットのレジの行列に並ぼうとする時、まさかとは思っていたがズボンのポッケをまさぐって確認してみたのだ。
そして、その時お金が無い事に気がついたのである。
怒る母親を想像しながら、少年はしかたなく手ぶらで家路につくことにした。
次から、お金はクツかくつ下に入れることにしよう。
少年はこぶしを握り締め、固く決意した。
控え目に熱弁する彼と草原
友人の知佳子は賢い。
頭が良いんだろうなーと思わされる。
何があっても人を傷つけたりはしない。
違うんじゃない?と思っても、少しでもその人の考えも尊重する。
ということから、考えが膨らむし、強くなれるのだ。
考えを主張し通す事より、こうしている方がチカコにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、悲しい思いをしても経験値にするやり方をよく分かっている。

怒って走る兄弟と花粉症
ここ数年、小説をほとんど読まなくなった。
30前の時は、かかさず読んでいたけれど、近頃、仕事があるし、読む時間をとりにくい。
時間があったとしても、ゆっくりと小説をじっくり読むという気持ちになかなかなりにくいので、見ていたとしても楽しく感じられない。
しかし、すごく楽しめる小説に10年ぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がとても好きなので、お二人が賞をとった群像文学新人賞が自分の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次の世代の輝いている若手がいないかと気になるからまた読んでみたい。
しかし、純文学だからと無理に難しい言葉を使っているけれど内容が伝わりにくいものも多いから残念だ。
寒い日曜の明け方は歩いてみる
息子の2歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントをどんなものにしようかを考えている。
嫁と相談して、体を使って遊ぶアスレチック系か頭を使うものか着るものなどにするかを決めようとしている。
悩んでなかなか決まらないので、実際に見て選ぶことにしたけど、ピンとくるものがなかった。
けど、子供に見せてみたら、以外と簡単に決まった。
秘密基地というおもちゃに一生懸命になったから、それに決めた。
ただ、今の借家が狭いので、一番小さな折りたたみ可能なものに話して決めた。
価格もわりと安かったので、よかった。

笑顔でダンスする姉ちゃんと月夜
田舎に住んでいると、インターネットでものがお手軽に購入できるようになったのが、ものすごく簡単だ。
それは、大型の本屋が市内に一軒しかなく、本の品ぞろえもひどいから、手に入れたいマンガも買えないからだ。
本屋で取り寄せるよりはネットで購入するほうが手間がかからない。
それは、書店に行くだけでバイクで30分以上かかるからとってもめんどくさい。
オンラインショップに慣れたら、なんでもオンラインショップで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安いし、型番商品は絶対にオンラインショップ購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。
ひんやりした月曜の夕暮れはゆっくりと
明日香は、学校ですぐ心を開いた親友だ。
明日香ちゃんの魅力的なところは、たいていの事は見逃すし、細かい事は気にもしていないところ。
私が友達になってと言ったそうだが、たしかに、そんな気がする。
一緒に出掛けると、すべてシンプルになるので、凄く心が軽くなる。
細身で華奢なのに、夜、おなかがすいてハンバーガーを食べに車を走らせたりするという。

悲しそうに吠える姉ちゃんと季節はずれの雪
ここ最近、バラエティで、マックチキンの味を味わえるレシピというふうに紹介していました。
たいそう似ていそうだと感じて、家内にしてもらったが、マックチキンの食感ではないけれどうまかったですね。
なんというか衣が心なしか違ったのだけれど、中は、チキンといえばチキンなんだから、私程度では、ある程度の異なるところはわからなくてとってもおいしかったです。

Copyright (c) 2015 空を見る美容師に涙は似合わない All rights reserved.